医療現場で働き続けていくのは、女性の看護師にとっては難しいと考えられがちです。夜勤や残業が大きな問題となってしまい、若い間にしか働けないと考える人も多いのが事実でしょう。しかし、状況が着実に変わってきていることは、豆知識として押さえなければなりません。

医療現場で働くと言う選択をした場合でも、家庭生活と仕事を両立させている看護師は多くなってきています。残業も夜勤もなく、短時間の勤務で働ける制度が利用できたり、育児支援として託児施設の提供が行われたりしているためです。
育児支援の行われ方も、医療現場によって違いが生じるようになってきています。院内保育園がある大病院もありますが、近隣の保育園を確保してくれるサービスを実施している場合もあります。こうした支援の内容を吟味して就職先を決めたり転職をしたりすることで、女性の看護師が働き続けやすくなっています。(※育児支援の詳細はコチラでチェック)

医療に携わっていく上では、クリニックも職場の候補にできます。
クリニックでも医療現場によっては残業が多くて大変な日々になってしまうこともありますが、育児中の女性に対し、配慮を行うシステムを取り入れている場合が増えてきています。

このように、看護師業界全体に渡り、医療に携わる看護師を支援していこうという動きが強まっています。女性の看護師が働き続けたいと考えたら、支援システムが充実している職場を選ぶだけで、その目標を実現することが可能になってきています。