女性が看護師として働く際、まず考えなければならないことがあります。それは、結婚して子供を生むと、ある程度の期間は働けない時期が到来するということです。
必然的にその後は、育児を優先するか仕事との両立を図るかを選択しなければなりません。看護師の仕事は本気で携わっていくのは難しいものの、育児支援の充実や時短勤務などのシステムが確立されてきたことで両立できる人も多くなりました。それに伴って、仕事を始めるときには今と将来のどちらを優先するかを考える必要が生じています。

今を楽しんで、将来は働けるなら働きたいという姿勢なら、離職する前の期間に仕事を充実させるように働くのが大切です。キャリアアップやスキルアップを図るよりも、今の現場でできる仕事に存分に携わっていく姿勢を持つと良いでしょう。将来的に主婦になって看護師として再度働くことがないという人も、実際にその時にならなければ再就職するかどうかはわからないので、懸命にスキルを磨いておくことが大事です。

一方、働き人として将来を充実させることを目指す場合、離職までの期間にキャリアを構築しておくようにしましょう。経験やスキルで十分な状態になっておけば育児中に働く現場が選びやすくなり、復職が容易になります。
また、育児が終わった後にさらに高度なレベルで働ける看護師になるための足場にもできるでしょう。

そういった将来を見越して、離職前の期間を過ごすことは非常に大切です。その認識自体が欠けていると今もしっかり楽しめず、将来に働こうとしても苦労してしまい、仕事に対してあまり良い印象を持てなくなってしまいます。
後悔しないためにも、周到な計画性が必要になります。